箕作山城2

  • 2020.10.21 Wednesday
  • 22:25

       

 長らく休んでいましたオオヌマズの玉手箱ですが、秋の深まりとともに、再開したいと思います。

 

 ブログ中断の理由は二つ。

 

 一つはコロナの影響で、オオヌマズが出講する講座が悉く中止・延期。さらに歴史文化遺産探訪もほとんど中止。よって、講座や探訪の内容を紹介する機会が無くなり、引きずられてブログの記事も中断してしまいました。

 

 もう一つは、2022年が聖徳太子歿1400年にあたることから、聖徳太子関係の歴史文化遺産を観光資源化する調査と報告書の執筆に忙殺され、ブログを書く余裕を失ってしまったことです。

 

 が、コロナの終息が見えないものの、徐々にWithコロナ生活が動き出し、講座や探訪も動き出しました。聖徳太子に関しては報告書もでき、2022年に向けて様々な企画が動き始め、やっと余裕が出てきました。(聖徳太子に関しては、たくさん情報を得ることが出来ましたので、追々と紹介してまいります。)

 

 と、いうことで、オオヌマズの玉手箱を再開します。

 

 今回は箕作山城。箕作山城に関しては『戦国の小部屋14:箕作山城 史の胎動を実感する絶景 http://omi-rekishi.jugem.jp/?eid=29』でお城の持つ意味について紹介しました。今回は箕作山城に登りながら、箕作山城について再考してみたいと思います。

 

 箕作山城への登城路は複数あり、東近江市五個荘伊野部町からの道と、五個荘山本町からの道が良く使われます。伊野部町からの道は、入り口が判りにくいのと、尾根斜面を直登に近い感じで登るので、かなり勾配がきつく、かなりしんどく、途中で猪に出会う確率が高く、かなり怖い思いをするので、今回は山本町側からの道を使って登ります。永禄11年(1568)の、織田信長による箕作山城攻めも、この道方面から行われたと考えられます。 スタートは、山本町の鎮守である百々矢(ももや)神社参道。桜並木の広い参道横に車を止め、百々矢神社に登城の無事を祈り参拝。因みに百々矢神社の境内には、財を成した近江商人が寄進した、山水をサイフォンで引き、築山から人工の瀧水として落とした見事な庭園があります。南にやや歩くと、山側に箕作山城を示す案内板があり、斜面を登る山道に入ります。この道は、途中にある貴船神社の参道を兼ねています(逆か?)。やや歩くと貴船神社が見え、神社前を流れる沢に沿って山に入ります。その前に神社に登城の無事を祈り参拝。

 

01百々矢神社の瀧.JPG
百々矢神社の瀧
02貴船神社.JPG
貴船神社

 

 沢に沿って山道を登ります。所々に急斜面がありますが、比較的なだらかな山道で、気持ちの良い山歩きが楽しめます。沢から離れて尾根の斜面にとりつき、暫し息を切らせて登ると尾根上に飛び出ます。ここで伊野部町側からの登城路に合流。帰り路は間違って伊野部川に降りやすいので要注意。尾根道を気持ちよく歩いていくと「史蹟箕作山城址」の石碑が立っているところに出ますが、ここはまだ、城内ではありません。さらになだらかな尾根道を歩くと、急に斜面がきつくなります。箕作山城の東面を遮断する切岸に行き当たったのです。

 

03尾根に出た.JPG
尾根に出た
04石碑.JPG
石碑

 

 箕作山城はほぼ東西に、3か所の郭を並べた単純な縄張ですが、郭を区切る切岸が効果的な防御となっているようです。切岸をよじ登ると下段の郭にで、さらに堀切を介して切岸を登ると中断の郭、さらに切岸をよじ登ると主郭に出ます。主郭には何と、送電線の鉄塔が鎮座しています。おそらく、鉄塔建設により城の縄張はかなり破壊されていると考えられます。前向きに考えれば、鉄塔のあるところが主郭ですので、麓からもその位置が良く確認できますが・・・。主郭の背後には申し訳程度に積まれた石垣が残されています。

 

 

05主郭に登る サイズ縮小済.jpg
主郭に登る

 

 主郭からの眺望はまさに絶景。湖東北部の平野が一望できます。西には観音寺城が間近に見え、足元には、対信長戦に備えて整備された佐生日吉城・和田山城がはっきりと見えます。と、いうことは、佐生日吉城・和田山城からも箕作山城が良く見えるということですね。

 

  信長軍は、佐生日吉城・和田山城を無視して、いきなり箕作山城に襲い掛かり、あっという間にこれを落城させます。佐生日吉城・和田山城に籠った近江衆は、ただ傍観していました。観音寺城に籠る六角承禎親子にも良く見えたはずです。

 

06観音寺城から見た箕作山城(山頂の鉄塔).JPG
観音寺城から見た箕作山城(山頂の鉄塔)

 

 箕作山城の城兵達の声が聞こえます。「こら!佐生日吉・和田山!何してんねん。信長はお前らに尻向けて箕作を攻めているんやで!後ろから攻めんかい!何を引きこもってんねん!お前らやる気があるんか!」「観音寺城の御屋形様!この状況がわかるでしょ。何で援軍に来てくれへんの!わしら捨て駒か!」「もうあかん!御屋形様についていても仕方ないな、と思い始めていたところやし、佐生日吉・和田山の連中もそう思っているんやろ。無駄な戦いで怪我でもしたら大ごとや、やめ、やめ、降参、降参。明日から織田の家臣に転職しよ。命あっての物種や。六角が織田に替わるだけの事や。」

 

 主郭からは箕作山城に向かって真っすぐに突っ込んでくる新幹線が見えます。まるで信長の軍勢のようです。

 

07突っ込んでくる信長軍(新幹線).JPG
突っ込んでくる信長軍(新幹線)

 

 この箕作山城を楽しむ「近江戦国カルチャーツアー[六角VS信長]」が東近江市観光協会の主催で2020年12月5日(土)・6日(日)に開催されます。興味のある方、ぜひご参加ください。詳しくは<http://www.higashiomi.net/tour>にアクセスしてください。

 

08チラシ表.jpg

09チラシ裏.jpg

明智光秀竹生島を焼く

  • 2020.07.19 Sunday
  • 15:16

 

 元亀三年(1572)、明智光秀は沖島・堅田・高島の船侍達を率いて、高島から湖北一帯を湖上から焼き討ちします。(http://omi-rekishi.jugem.jp/?eid=23http://omi-rekishi.jugem.jp/?eid=24)今回はその続編。

 

 塩津に上陸し、余呉湖方面を焼打ちした光秀船団は琵琶湖を南下し、竹生島に攻撃を仕掛けます。竹生島は、船運という経済の拠点でも、水軍としての軍事拠点でもありません。何故光秀(織田信長)は竹生島を攻撃しなければならなかったのでしょうか。

 

01塩津湾から竹生島を見る.JPG
塩津湾から竹生島を見る

 

 竹生島は、竹生島弁才天の島ですが、その深層には浅井郡、そして浅井氏の守り神である浅井姫の聖地、という意味合いがあります。長政の父である久政は竹生島蓮華会の頭屋を務め、その際に奉納された弁才天像が今も竹生島には伝来しています。

 

 神仏が機能していた時代、武家の権威を保証するのも、武家の武運を保証するのも皆神仏達でした。とりわけ、竹生島弁才天(=浅井姫)は、浅井氏にとって非常に大きな意味を持っていました。浅井氏が郡名(浅井郡)の名前を冠し、浅井岳(小谷山)に城を構え、湖北に君臨できたのも、全て浅井姫の後ろ盾があった(後ろ盾があるように演出した)事によります。浅井姫の加護を失うことは、浅井氏の亡びを意味していたといっても過言ではないかもしれません。

 

02竹生島の浅井姫から小谷城はよく見える.JPG
竹生島の浅井姫から小谷城はよく見える
03小谷城から竹生島がよく見える.JPG
小谷城から竹生島がよく見える

 

 湖上攻撃が行われた元亀三年七月は、徐々に長政が小谷城に追いつめられる状況にありました。おまけに、湖上攻撃の直前には、羽柴秀吉らによる湖北一円への焼き打ちも敢行されています。小谷城に閉じ込められた長政は焦りの度合いを高めつつありました。その最中、竹生島が攻撃されたのです。小谷城から竹生島がよく見えます。光秀の軍勢に攻撃され煙を上げる竹生島の姿が、長政、そして浅井家臣団の眼に焼き付いたはずです。

 

 光秀軍団を調伏する浅井姫の神威も見えないまま、竹生島が燃える。「姫様が燃える、俺の後ろ盾が・・・(長政)」「浅井姫様が燃えている、殿は姫様に見放されたのか?もはや殿には我らを、浅井の地を護る力はないのか・・生き延びるためには、殿に見切りをつけ、信長に随ったほうが得策か・・(長政家臣団)」

 

 こんな心理的な効果が、焼き打ちによって生じることを信長(光秀)は計算していたのではないでしょうか。事実、一年後、竹生島に一番近い山本山上の城主「阿閉貞征」の信長への寝返りをきっかけとして、浅井軍団は崩壊し、信長の軍門に降ることになります。

 

04竹生島を去る軍団.JPG
竹生島を去る軍団

 

 信長は、竹生島を蔑にしていたのでしょうか?そんなことはありません。天正九年(1581)、信長は自ら竹生島に赴き、竹生島弁才天を迎え、これを安土城に安置しています。信長は、竹生島弁才天は、琵琶湖をつかさどる神として位置づけ、この加護を受けることが近江支配の必須条件と考えていたのでしょう。信長にとって竹生島弁才天と浅井姫は別の神なのです。浅井姫は長政の守り神だから攻撃してもかまわない。しかし竹生島弁才天は儂の守り神だから崇敬する。こんな、解りやすい心象が信長に働いたのでしょう。信長が迎えた弁才天は、長く宛寺に祀られていたようです。

 

 

浅井の娘4 竹生島3

  • 2020.07.12 Sunday
  • 11:01

 

 『近江風土記逸文』にこのような記事があります。「昔、伊吹山と姪の浅井岳が背比べをした。ところが、浅井岳が一夜にして背丈を伸ばしてしまった。怒った伊吹山は、浅井岳の首を刎ねてしまった。浅井岳の首は宙を飛び、琵琶湖にずぶずぶと音を立てて沈み、その先端が島となった。ずぶずぶ音を立てて沈んだことから[ずぶふじま=竹生島]となった。」というお話です。

 

 浅井岳は姪と記されていることから女性であり、浅井郡をつかさどる浅井姫の山です。そしてこの浅井岳がどこにあったかと言うと、諸説あって定まらないのですが、小谷城のある小谷山を浅井岳と表現した記録があることから、小谷山=浅井岳とすることもできます。

 

 湖北に君臨した京極氏を押しのけ、湖北の覇権を握った浅井氏ですが、他の湖北の地侍達を圧倒するだけの財力・武力を持っていたわけではありません。浅井氏が浅井郡の守り神である浅井岳に城を構えたから、ほかの地侍達は表面上、浅井に随った。と言う事のように思えます。

 

 浅井の主張「俺は、浅井の守り神である浅井姫様の山に入り込み、ここに城を築いたが、ピンピンしている。浅井姫様の怒りを買うこともなく、ばちも当たらない。俺は、浅井姫様と同体化することを姫様に認められたんだ。だから姫様の支配下にあるお前たちは、俺の支配を受けることと同じことだ。俺に逆らうことは姫様に逆らうことだ。従え!」

 

 浅井氏の権威の元は浅井姫、その頭が竹生島。実際、竹生島に最初に祀られたのは「浅井姫」とされています。浅井郡の琵琶湖に神秘的に浮かぶ竹生島に浅井郡の守り神が宿ると感じるのは当然の心象でしょう。

 

01神秘的に浮かぶ浅井姫の竹生島.JPG
神秘的に浮かぶ浅井姫の竹生島

 

 この地方的な女神の浅井姫が、竹生島の航路を護る神としての価値を帯びると、国家神である宗像の市杵嶋姫と同体化し、やがて、仏教が伝来すると水と命を司る弁才天女と同体化し、竹生島弁才天として、竹生島に君臨することになります。しかし、浅井郡の住人、特に郡名を冠した浅井氏にとっては、あくまでも「浅井姫」の聖地が竹生島なのです。

 

 淀殿(茶々)は、永禄十二年(1569)頃小谷城で生まれました。そして天正元年(1573)の小谷城落城まで小谷城で過ごします。幼女のころの記憶とはいえ、母お市と共に小谷城から見た竹生島の神秘的な姿は脳裏に焼き付けられていたのではないでしょうか。そして、自分は「浅井の娘」という強烈な自負心も生まれたのでしょう。その大元は浅井姫に対する信仰だったと思います。夫の長政を殺した秀吉に対するお市の怨嗟も、茶々に「自分は浅井の娘」という思いを増幅させていったのだと思います。その茶々が秀吉の側室になり、秀頼を生むという、皮肉な運命を歩むことになるのですが。

 

 淀殿にとって、秀吉に対する個人的な思いは複雑だったとは思いますが、浅井姫の聖地を、当時の最も豪華な美で荘厳することに対しては、何のためらいもなかったと思います。浅井の娘として、浅井の守り神である浅井姫を美しく飾り、お喜びいただき、その力で浅井の娘の子(秀頼)と、その将来を護っていただきたい。そんな思いが、竹生島に移築された建造物群に込められているのではないでしょうか。

 

02豪華に飾られた建物.JPG
豪華に飾られた建物

 

 竹生島から小谷城がよく見えます。

 

03竹生島から小谷城がよく見える.JPG
竹生島から小谷城がよく見える

 

 

浅井の娘3 竹生島2

  • 2020.07.05 Sunday
  • 17:22

 

 前回、竹生島の都久夫須麻神社本殿の建物についてご紹介しました。今回は、修復の終わった宝厳寺唐門・観音堂と渡廊について紹介します。

 

 現在の竹生島は、弁才天と千手観音を祀る宝厳寺と、市杵嶋姫他の神々を祀る都久夫須麻神社とに分かれていますが、これは明治維新以降の姿で、江戸時代までは長く、弁才天を祀る「竹生島弁才天社」と観音菩薩を祀る「宝厳寺」が並立し、現在の都久夫須麻神社本殿に竹生島弁才天が祀られていました。

 

 ところが、明治政府は、神社に仏教の尊格が祀られていることを容認することができず、これを厳格に分けるよう厳命し、竹生島は、これに泣く泣く従い、弁才天を一時観音堂に遷し、後に現在の弁才天堂が建立され、弁天様はここにやっと、安住の地を得ました。

 

 宝厳寺唐門は本来、宝厳寺の観音様にお参りし、その後、弁才天にお参りする竹生島信仰を象徴する建物として、慶長七年(1602)に徳川家康の画策により豊臣秀頼、淀殿(浅井の娘茶々)により移築されたとされています。この建物は本来秀吉の大阪城に建立された極楽橋の正面部分を移築したことが判明しました。(前回の記事を参照してください)

 

01宝厳寺唐門.JPG
宝厳寺唐門
02唐門の正面IMG_0081.JPG
唐門の正面

 

 この唐門ですが、建物の高さが低く感じられ、元あった建物を移築するに際して改造したものと考えられています。この建物の最も大きな特徴は絢爛豪華な彩色を施した彫刻群でしょう。特に正面の大きな蟇股(かえるまた)とその左右に配された金鶏(きんけい:王者を象徴する雉の一種で、剣のように尖った尾羽が特徴)は実に見事です。まさに、秀吉の大阪城を飾るにふさわしい彫刻です。ただ、金鶏の下に遊ぶ3匹の「波乗り兎」が気になります。兎もめでたい動物なのですが、大阪城になくても・・・。この波乗り兎のモチーフは、『謡曲竹生島』の「兎も波に遊ぶか、面白の景色・・」から派生したとされています。実に竹生島を飾るにふさわしいモチーフで、出来すぎです。移築に際して、何者かが付け加えを指示したのではないでしょうか。誰が?淀殿では?

 

03修復前.JPG
修復前
04修復後.JPG
獅子阿形修復後
05獅子阿形修復前」.JPG
獅子阿形修復前
06獅子阿形修復後.JPG
獅子阿形修復
07獅子吽形修復前.JPG
獅子吽形修復前
08獅子吽形修復後.JPG
獅子吽形修復後

 

 観音堂ですが、唐門、都久夫須麻神社本殿と同じ基調の装飾が施され、同じく大阪城極楽橋関係の建物が移築されたとするのが妥当のようです。そもそも、御本尊を安置する間が建物正面にありません。この事も、観音堂が祭祀を目的とした建物ではなかったことを示しています。

 

09修復された観音堂の天井.JPG
修復された観音堂の天井

 

 そして渡廊です。大阪城の古図では屋根が、唐破風のアーチをそのまま伸ばした形状で描かれていますが、渡廊の屋根は直線を合わせた切妻屋根で、極楽橋を移築したとするには矛盾があります。しかし、観音堂に接続する部分、都久夫須麻神社本殿に接続する部分を見ると黒漆が塗られた唐破風型の妻となっています。どうやら、楼の本体を切妻屋根に替える省略が行われたようです。

 

10渡廊の先端の唐破風.JPG
渡廊の先端の唐破風

 

 これらの絢爛豪華な建物群の移築を主導したのは、徳川家康です。しかし、これらの建物群を竹生島に移築することを同意し、積極的にこれを勧めたのは「淀殿」ではなかったかと考えています。その理由は、彼女が「浅井の娘」だったからです。

 

何故浅井の娘だから竹生島を豪華にしたのか? その理由は次回へ

 

 

浅井の娘2 竹生島と茶々1

  • 2020.07.01 Wednesday
  • 18:04

 

 竹生島宝厳寺の唐門・観音堂の保存修理が終了し、建築当時の華麗な姿が蘇りました。工事の経過には問題があったようですが、蘇った建物達には罪はありません。

 

 竹生島には、桃山期の美の粋を集めた建物群があることで知られています。今回の修理で蘇った宝厳寺唐門・観音堂と渡廊・都久夫須麻神社本殿です。これらの建物群は、豊臣秀吉の伏見城の建物を、秀吉を祀る豊国廟に移築し、さらに豊臣秀頼の手により竹生島に移築されたとされていました。しかし、今回の保存修理を通して、これらの建造物群が、秀吉の大阪城にあった「極楽橋」を豊国廟に移築し、これを竹生島に移築した可能性が高いことが判明した、と報じられました。大阪城の極楽橋を移築した可能性については、2017年に竹生島奉賛会が刊行した『竹生島 琵琶湖に浮かぶ神の島』の中で、既に、神戸女子大学の木村展子さんが、その可能性をしていましたが、この指摘が証明されたことになったわけです。

 

01都久夫須麻神社.JPG
都久夫須麻神社

 

 極楽橋移築説の事の発端は、都久夫須麻神社本殿の建物です。この建物は、永禄十年(1567)に浅井長政らの手により建立された、弁天堂がベースになっています。永禄10年といえば、信長の妹のお市はすでに長政に嫁いでおり、2年後の永禄十二年に茶々(淀殿)が生れています。

 

 この時建築された弁天堂は、華麗な彫刻が施された美麗な建物でした。現在の建物は、中心の3間×3間の身舎(もや)の周りに、正面5間、側面4間の廂(ひさし)を巡らせています。昭和十一年(1936)に行われた解体修理の結果、この建物には様々な矛盾があることが判明しました。そのもっとも大きな矛盾は、身舎と廂の柱筋が悉く通らないのです。これは、身舎と廂がそれぞれ別の建物であることを示しています。さらに、身舎の柱には角柱を用い、廂には丸柱を使っています。これは通常の神社建築ではありえない柱の使い方です。柱には「格」があります。原則として、丸柱は格が高く、より神仏に近い空間に使われます。対して角柱は「格」が低く、神仏を参拝するために建物に参入する人間の空間に使われます。つまり、身舎部分は世俗的な建物であり、反対に廂部分が神仏のための聖的建物であることを示しています。

 

02都久夫須麻神社本殿平面.jpg
都久夫須麻神社本殿平面
03都久夫須麻神社本殿新旧の関係(赤が慶長7年・緑が永禄10年).jpg
都久夫須麻神社本殿新旧の関係
(赤が慶長7年・緑が永禄10年)

 

 これらの矛盾は、身舎と廂が別々の建物である、と考えれば解消します。実は、廂部分は永禄十年に浅井長政らにより建築された弁天堂で、身舎部分が、慶長七年(1602)に何処からか移築された建物なのです。そしてこの移築された建物が、大阪城の極楽橋の一部と考えられるようになったのです。橋に建物が乗っている?変な感じがしますが、大阪城の古図を見ると唐破風屋根が懸かる橋の中央に、此れも唐破風付きの楼が乗っています。この楼が都久夫須麻神社本殿の身舎部分と推定されるのです。

 

 そう考えると、本殿建物を見た時の違和感も解消されます。それは、本殿身舎に懸かる、唐破風付きの入母屋屋根と、廂部分に懸かる裳階屋根(もこしやね)の間が、とってつけたような縦板で覆われていることです。ここにも彫刻が施されればもっと格好の良い建物なのに、変な感じがしますが、二つの建物を合体させたと考えれば納得できます。

 

04都久夫須麻神社本殿.JPG
都久夫須麻神社本殿

 

 さらに、本殿の裏にも唐破風がついています。唐破風は見る人に建物の豪華さをアピールするために付ける飾りですから、普通は正面だけに付けます。まして、都久夫須麻神社本殿の後ろは崖で、通常、人が眺めることはありません。そうすると、此の身舎部分の建物は建物の前後から人に見られることを前提とした建物ということになり、極楽橋の上に乗っていた「楼」を移築した、という考えを補強します。

 

05本殿の背面1.JPG
本殿の背面1
06本殿の背面2 唐破風がある.JPG
本殿の背面2 唐破風がある

 

 では、誰が何のためにこの建物をここに移築したのでしょうか?勿論豊臣秀頼です。しかし、当時の秀頼の背後にあり、実質的に豊臣家を差配していたのは「淀殿(茶々)」です。

 

  そして、移築を勧めたのは、此れも勿論、徳川家康です。家康としては、豊臣家に浪費させ、その財力を弱めたいという思惑と、秀吉の威光を示す構造物は抹殺したい、という思いがあります。しかし破却するには世間の目がある。それであれば、豊臣も、世間も納得できる形で秀吉の残影を消し去る。このために、家康と淀殿との交渉により、この移築が実現したのでしょう。

 

<続く>

 

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM